不動産売買で物件を購入すると印紙税や登録免許税・不動産取得税などの税金が課税される

不動産売買で物件を購入すると印紙税や登録免許税・不動産取得税などの税金が課税される

不動産売買では売買代金の他、各種の税金が課せられます。
売買代金の多寡に目がむきがちですが、各種の税金も無視できないコストとして、しっかり確認しておきたいものです。
そこで個々では不動産売買時に課税される主な税金を紹介します。
印紙税は不動産売買契約書など、各種の契約書に収入印紙を貼付して押印で割り印する形で納税する国税のことです。
税額は売買代金額により変わりますが、軽減措置が講じられています。
登録免許税は所有権移転登記や抵当権設定登記などを法務局に申請するときに、同様に収入印紙で納税する国税です。
税率や税額は申請する登記の種類などに応じて決められています。
司法書士が関与することが一般的なので、実際に納税する機会は少ないかもしれません。
不動産取得税は売買などで家や土地などの不動産の所有権を得たときに課税される地方税です。
所有権移転登記などが申請されると法務局から税務署に通知されるので、通知書記載の税金を納付する必要があります。

不動産売買時に必要な登録免許税について考える

不動産売買のときに必要になるのが、登録免許税です。
マイホームを入手するときには、各種の税金がかかります。
ハウスメーカーや工務店から不動産売買で物件の所有権を確定的に取得するには、法務局のサーバーに所有登記名義が買主に変わっていることが必須です。
この不動産登記名義を取得するときに課税されるのが、登録免許税です。
普通は司法書士などの専門職に手続きの代行を依頼するので、納付している意識は少ないかもしれません。
しかし一戸建て住宅・分譲マンションに関係なく絶対に必要になる税金なので、コストの一つとして意識する必要があります。
税率は固定資産税評価額について、売買を前提に土地の場合は1000分の15、建物の場合は1000分の20が必要です。
ただし新築建物の場合は建物は所有権保存という不動産登記の形式となり、1000分の4になります。
もっとも新築住宅の建物には軽減措置が設けられており、長期優良住宅やZEH住宅などではさらに税率が軽減されています。

不動産売買に関する情報サイト
不動産売買の基礎知識

マイホームを考えていたり、売ったりする不動産売買をどのようにして工夫するかにより、税金も変わってきます。少しでも税金を安くしたいと思えば、不動産専門や司法書士らによっていろいろな意見などを求めてもらうようにお願いした方がいいです。家や土地といったものは大きな買い物であると同時に税金も変わってきますから、まずは基本的な知識が必要です。考え方次第で自分の人生が変わるといっても過言ではありません。

Search